「京アニ事件」京都府警+NHKの被害者実名公表という暴挙 メンタリストdaigoがご立腹!

京都府警察本部が、「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で亡くなった被害者全員の名前を公表した。

以下、京都府警察本部のコメント。

「大変凄惨(せいさん)な事件で、関係者の精神的なショックも極めて大きいことから、ご遺族や会社の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況を配慮して慎重に検討を進めてきた。社会的な関心が高く、事件の重大性や公益性などからも情報提供をすることがよいと判断した」。

NHKも「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で亡くなった被害者全員の名前を公表した。

以下、NHKのコメント

NHKは事件の重大性や命の重さを正確に伝え、社会の教訓とするため、被害者の方の実名を報道することが必要だと考えています。そのうえで、遺族の方の思いに十分配慮をして取材と放送にあたっていきます。

引用:「京アニ」 死亡した25人の名前公表 京都府警 2019年8月27日:NHK

 

京都府警とNHKの対応に怒っている人たち

「京都アニ」の代理人弁護士「実名公表は大変遺憾

京都府警察本部が亡くなった25人の方の名前を公表したことについて、会社の代理人を務める桶田大介弁護士は「度重なる要請と一部ご遺族の意向に関わらず、被害者の実名が公表されたことは大変遺憾です。京都府警と報道機関に対し、改めて故人とご家族のプライバシーとご意向を尊重していただくようお願い申し上げます」というコメントを発表しました。

引用:「京アニ」 死亡した25人の名前公表 京都府警 2019年8月27日:NHK

一部の遺族や弁護士は「被害者の実名報道は止めてほしい」と京都府警や報道機関に要請していたのだ。

にも関わらず、京都府警とNHKは実名公表に踏み切ったのだ。

京都府警とNHKは被害者遺族の気持ちを踏みにじる行動に踏み切ったのだ。

これは許されることではない。

被害者遺族には最大限の配慮をしなければならない。それなのにも関わらず京都府警とNHKは無神経に実名報道に踏み切ったのだ。

これは絶対許されることではない。権力者の横暴と言っても過言ではない。

代理弁護士が怒るのも無理はない。

メンタリストdaigoも怒っている

DaiGo「マスコミは被害者・被害者遺族を金儲けに利用している!」

DaiGoさんは動画の中でそう断言しています。

京アニに被害者遺族たちはこれから尋常ではない心の傷とともに生きていかなければならない。一生かかっても癒えすことのできないかもしれない心の傷とともに生きていかなければならない。

そんな辛い人生を送ることになってしまった被害者遺族たちに、マスコミは容赦なくカメラを向け、マイクを向け、被害者遺族たちの心の傷を抉るようなことを聞く。

そんなことをするマスコミを僕は絶対に許せない。被害者遺族を金儲けの道具に利用するマスコミが本当に許せない。

そうDaiGoさんは言っています。

僕もDaiGoさんの意見に賛成です。

マスコミの拝金主義的取材や報道は絶対に許されることではないと思います。

少し考えれば実名報道がどれだけ危険なことなのかがわかるはずです。

実名報道の危険性

世の中には「イジメはイジメられる側にも原因がある」と主張する人がいます。そしてイジメの被害者を批判する人がいます。

これと同じように、世の中には「犯罪は被害者の側にも原因がある」と主張する人がいます。そして被害者を批判する人がいます。

当然、世の中には「京アニ事件は被害者の側にも原因がある」と主張する人がいます。そして被害者を批判する人がいます。必ずいます。

もし、こういう心無い人達が京アニの被害者の実名を知ったらどうなるでしょうか?

間違えなく被害者の実名を使って被害者批判をします。確実にします。

被害者遺族宅に電話して、被害者を誹謗中傷言う人も現れると思います。

世の中にはそういう悪質な人間がいるんです。

警察ならそういう悪質な人間がいることを知っているでしょう。

報道機関だってそういう悪質な人間がいることを知っているでしょう。

なのに警察と報道機関は無神経に実名報道をした。悪質な人間が被害者遺族を傷つける可能性が高いのにもかかわらず実名報道をしたのだ。

これは暴挙と言っても過言ではない。

そう思うから僕は京都府警とNHKの実名報道は間違っていると思うのだ。

Posted by takahashi