【あいちトリエンナーレ】天皇の写真を燃やす!芸術という名の冒涜 税金を使って冒涜するなど言語道断!

あいちトリエンナーレで天皇の写真が焼かれる映像が展示された。

製作者は「これは芸術だ!」と語る。

芸術監督の津田大介も「これは芸術だ!」と語る。

大村知事も「これは芸術だ!」と語る。

これが芸術だと。バカなことを言うな。

これは芸術ではなく、冒涜だ。芸術という言葉を利用した冒涜だ。

この製作者は芸術を冒涜し、天皇を冒涜したのだ。

津田大介大村知事芸術を冒涜し、天皇を冒涜したのだ。税金を使って冒涜しているのだ。

これは許されることではない。

香山リカという精神科医は以下のようなコメントを残している。

大村知事がまっとうな感覚と知性と人間性を持っているとこの香山リカという精神科医は言っている。

この精神科医は本当に精神科医なのだろうか?天皇を写真を焼く映像を流す芸術祭の開催を認めた大村知事をまともだとこの精神科医は言っているのだ。この精神科医自体がまともではないと僕には思える。

大村知事は芸術祭開催に抗議する人たちのことをヘイトまがいと言っている。自分たちのしていることがヘイト以外の何者でもないことをしているくせにヘイトまがいと言っているのだ。

まともな神経をしているとは思えない。天皇の子孫を傷つける芸術祭を開催したくせいにそれを抗議する人たちをヘイトと平気で言える。

どう考えてもまともな神経とは思えない。「盗人猛々しい」と言った韓国のムンジェイン大統領と同じくらいまともな神経とは思えない。

どうして反日活動をする人はこうも異常心理の人が多いのだろうか?

大村知事・津田大介・香山リカは自分の写真を焼かれてみればいい

天皇の写真を燃やすことが許されるなら大村知事や津田大介や香山リカの写真を焼くことだって許されることになる。

「これは芸術ですから」と言えば、それが許されることになる。

でも、この3人は自分たちの写真を焼くことはヘイトだと鬼のような表情で抗議するだろう。

つまり、この3人は自分たちがやられたら烈火のごとく激昂することを芸術を利用して行っているのだ。
なぜ自分たちが嫌だと思うことを平気で実行したり、称賛したりすることができるのだろうか?

まともな精神状態ではないからできるとしか思えない。

異常な精神状態だからできるとしか思えない。

香山リカは精神科医であるにもかかわらず異常な精神状態に陥っている。精神科医ですら異常な精神状態に陥って、異常な芸術祭を称賛するようになってしまう。そう考えると怖くなる。

精神科医ですら異常な精神状態に陥ってしまうのだ。おそらく精神科医でない津田大介や大村知事は香山リカ以上に異常な精神状態に陥っていると思う。

異常な精神状態に陥っているから今回の異常な芸術祭を開催することができたのだと思う。

どうして彼らはそんな異常な精神状態に陥ってしまったのだろうか?

どこかで過剰なまでに反日教育を受けたのだろうか?まともな教育を受けてきた人ならこの3人のような精神状態にはならない。

やはりこの3人はどこかで過剰なまでに反日教育を受けたのだと思う。

結果、今回の芸術祭を開いてしまったのだと思う。

ある意味、今回の関係者は被害者なのかもしれない。反日教育の被害者、間違った教育をされた被害者なのかもしれない。

世の中には反日教育という悪しき教育を施された人がたくさんいる。そういう人たちが悪質な反日活動をしている。

この人達に必要なのは精神的ケアだろう。そして正しい歴史を教えることだろう。それをしないかぎり反日教育という洗脳から抜け出すのは不可能だと思う。

洗脳から抜け出すのは容易ではない。でも誰かがやらない限りその洗脳は死ぬまで解けないだろう。

国際社会がやらなければならないことは優秀な精神科医を育成することだと思う。

そうしなければ反日教育という洗脳により異常な精神状態に陥った人を救うことはできないと思う。

国は国家レベルで精神科医を育成する政策を考えるべきだ。それが実現すれば確実に異常精神状態に陥った人を減らすことができるだろう。

Posted by takahashi