「外国籍理由に生活保護却下は違法」とガーナ人男性が千葉市提訴 ネット民「生活保護制度は日本国民のためにあるもの」

☆「外国籍理由に生活保護却下は違法」 ガーナ人男性が千葉市提訴(毎日新聞・2021/12/15)

外国籍であることを理由に生活保護申請を却下したのは生活保護法に反するとして、千葉市のガーナ国籍の男性(31)が14日、市に処分取り消しを求める訴訟を千葉地裁に起こした。

訴状などによると、男性は日本語などを学ぶために2015年に来日、日本語学校を卒業した。就労ビザを取得してパン屋で働いていたが慢性腎不全などを患い、週3回の透析治療が必要となった。20年に治療を目的とする在留資格を得たが、仕事ができず頼れる親族もいないため、21年11月に市に生活保護を申請した。市は12月、同法1条に規定する国民に準ずる在留資格がないなどとして申請を却下した。

同法1条で規定する国民の範囲について、最高裁は14年に外国人は含まれないとの判断を示しているが、原告側は「日本国内に住む外国人を広く含むと解すべき」と主張。記者会見した男性は「透析がないと生きていけないので不安。生活保護は必要です」と訴えた。

千葉市は「訴状を確認していないのでコメントを差し控える」としている。

 

日本人の反応

◯『生活保護制度は日本国民のためにあるものです。病気になったから日本で生活保護費を受給しながら治療させろなんて厚かましすぎる。頼れる親族がいる母国に帰って自費で治療してください』

◯『ガーナ国籍であればガーナの本国政府、または日本にある代表機関(大使館等)が自国民保護を行うべき事案。原則がなし崩しになれば入国だけして後は生保という事もあり得てしまう。注視していく』

◯『外国籍であることを理由に生活保護申請を却下、と。同情はする。が、生活保護は自国民に出す物。不満ならば国に帰れば良いし、渡航費用などは大使館に相談すればいいと思うぞ』

◯『日本国憲法では、生存権を前提にしている。外国人は、まず自国の政府に生活保護申請をすべきだろう。大使館に申請ができるならするのが、本筋だ。日本政府が、すべての外国人に生活保護するものではない』

◯最近どうも勘違いしてる外国人が多いと思ったら、社民党や共産党がコイツらに入れ知恵してるらしいね。反社会活動を展開する政党は、破壊活動防止法を適用して取り締まるべきじゃないの?

◯まーたハイエナ弁護士とプロ市民団体が暗躍してるだろ。

◯日本に来れば、日本は甘いから何とかしてくれるのではないかと思いすぎ。自分たちの国でも、外国人が困窮したら、その国の税金から金を出してくれるのか?出さないだろう。甘えるのもいいかげんにしろ!!

Posted by takahashi