【怖い話】明晰夢を意図的に見ないほうがいいな!と思える話。夢と現実の区別がつかなくなるリスクがあります。

最近出てこれたので、個人的に怖かった経験談を書いてみる。結構長文になっちゃうかもだから、先に謝っておく。

十数年前私が大学生で上京してた時、明晰夢を見るのにハマってて、よくチャレンジしてたんだ。

明晰夢とは、まぁお前らなら知ってると思うが一応書いておくと、夢の中で夢と気付けて、自由に楽しめるといったものだ。

私の明晰夢の場合、夢の導入舞台の設定は生かした状態が前提で自由にできるってところ。知ってる範囲を越えようとすると、なぜか目が覚めちゃうんだよね。例えば、一度旅行した場所の夢を見たら、行ったことある範囲以上に足を伸ばすと起きてしまう。

また、私の場合は、空を飛んだり手から唐揚げ出したりとかは出来なかった。夢の中で出来ることは現実と同じことっていうのが私の明晰夢ルールになっている。

最初は難しくて、1ヶ月に1回できればいいくらいだったんだけど、大学を卒業するころには、3日に1回は出来るまでコントロールできるようになっていた。

この頃は、夢で出てきた舞台を純粋に楽しんでいた。一番好きだったのは高校時代の夢で、好きだった子を探し出してはデートしたりチュッチュしたりとても幸せな夢ばかり見てた。

卒業後は、某情報系企業の設計として採用されて、ほぼ毎日深夜残業を繰り返す多忙な日々を送っていたんだ。

会社や上司への不満が募る日々の中、見る夢も仕事関連ばかり。

大学時代に会得した明晰夢で上司を殴ったり会社で暴れたりして、せめてものストレス発散をしていた。

起きてる時に勘違いして夢の中と同じことをやってしまう心配はまったく無かった。なぜかというと、明晰夢へ入る際に、落ちる感覚?というかあの金縛りになる前のギュッとなる感覚?みたいなものがあるから間違いようがないのだ。

そんな毎日を1年繰り返していたのだが、やはり仕事のボリュームは変わらず起きたら深夜まで残業を続け、寝る際は明晰夢で会社の不満をぶち撒ける最悪な日々だった。

この頃には、疲れのせいもあってか、毎日のように明晰夢も見れるようになっていた。

ある日の水曜日、いつものように残業してヘトヘトになりながら帰って就寝したんだ。

眠ったと思ったのに急に目が冷めて、そしたらもう木曜朝になってて、あまりの疲れに熟睡してしまったのかとちょっと後悔しながらも、遅刻しそうだったので急いで支度して会社へ向かった。

その日もヘトヘトになりながら帰宅し、今日こそはと思いながら就寝したが、明晰夢は見れず、すぐに起きて金曜日になっていた。

2連続で明晰夢がみれずイライラしながらもその日もなんとか乗り切って就寝した。

その日もまた起きてしまい朝を迎えていた。

今週は疲れてたし、今日は土曜日だから早めに仕事を上がってゆっくり夢でも見ようと思い頑張ろうと思って家を出た。

この日は朝から晩まで上司から覚えのない理不尽なことで説教され続けた最悪な一日だった。暴力を振るいたい衝動をなんとか抑えながら乗り切って、定時の鐘とともにダッシュで帰宅し就寝した。

すぐ目覚めた。普通の朝。もう発狂しそうになったね。まぁ日曜だからせめてのんびりするかと思って、布団に入ってゴロゴロしていたら電話がかかってきた。

出てみると上司からで、何サボってんだ!早く会社来い!とのことだった。
なに言ってんだこいつ今日は日曜だぞっと思ったところで、あー明晰夢見れてたのねこれ!と確信した。

今日こそは3日分の鬱憤まとめて晴らしてやるよ!と普段は絶対やらないのだが包丁を忍ばせて会社へ向かってしまった。

職場へついた途端怒鳴り散らす上司、ニヤニヤ聞いてる俺に益々苛々している様子。

そろそろかなぁ~と思ったタイミングで俺も大声でキレる。そして一発思い切り殴る。

ザワつくフロア、視線が俺に集まる、アー気持ちー!でも今日はここでは終わらないよ?と、自席のカバンから包丁を取り出し上司に突き立てる。

殺してやるよ!と叫びながら何度か刺してやった。

なんか鶏肉捌いてるくらいの感触が手に残ったが、まぁ今まで鶏肉くらいしか切ったことないしなぁとか思ってた。

フロアは大騒ぎになってみんな我先にと逃げ回っていた。

そろそろ起きるかーと思ってたのだが全然起きられない。久しぶりの明晰夢だからかなぁと思って、まぁそのうち覚めるだろうと、着替えて会社出てブラブラすることにした。

なんかやたらと腹が減ってきた。とりあえずラーメン屋でも食うかと立ち寄って注文を終えたところで違和感があった。

あれ?いままで明晰夢で腹減ったっけ?

とりあえずラーメン食って少し焦りながらどうするか考えた。明晰夢なら今まで行ったことないところまで行けば覚めるはずだから、乗ったことがほぼない常磐線に乗ってみようと考えて駅へ向かった。

乗ったことがないはずの常磐線の特急列車?みたいなものに乗っても目が覚めず、行ったことのある柏を越えたあともまったく覚める気配はなく、水戸まで行ったところで降りてみた。

知らない街並みが広がっていた。目は覚めない。

この頃には、現実で人を殺してしまったのではないかと感づき始めていた。いや、気付いていたが気づかないようにしていたのかもしれない。

混乱して半ベソかきながらもっと北へと電車に乗った。もうこの辺からは全然覚えていないが、気付いたらすごいボロボロで2両編成の電車に座っていた。

乗客は爺さん婆さんが少し乗ってるくらいだったかな。

外は真っ暗だった。

電車が駅に停まった。イズミガモリ?だったかな。

車掌が何故か私のところへきて、ここでおりなさいと言われた。

ああ捕まるのかーとか考えながら降りたんだが、駅も辺りも真っ暗で古臭い外灯がチカチカ光ってる程度だった。

車掌を見ると、顔がよく見えないぼやけた顔で、駅を出たらまず坂を登れ。神社が見えたら入れ。あとは従え。とだけ言われた。

もうなにも考えられない、いや考えたくなかった私は、そのまま従うことにして電車を降りた。

駅から出てみると普通に田舎の町が広がっていた。ただ、お店も民家も電気はついてなく、外灯のみが光ってるだけだった。

言われた通り道を上へ上へと上がっていくと、神社が見えてきた。あんまり良く覚えていないが、とにかく澄んでて綺麗な池があって満月が反射してて神秘的だったのを覚えてる。

池の真ん中に祠?みたいなのがあってその前に住職が立っていた。「お待ちしておりました」そう言われて、真ん中にきて座るよう促された。

そこでクソまずい酒みたいななにかを飲まされて、お経?なのかよくわからないものを唱えられた。

それが何時間続いたかわからないが、だんだんと心地良くなってきて眠くなってきた。

住職からそのまま気持ちに身を任せてって言われてたので、そのまま抗わずボーッとしてたら頭が真っ白になってそのまま寝てしまったんだと思う。その後は何も覚えていない。

目が覚めるとそこには見覚えの無い天井があった。

母親もそこにいて、俺が起きたのを見て泣いていた。

そこは病院だったらしく、母からいろいろ話を聞いた。どうも私は水曜日の夜に、家で過労で倒れていたらしく、2日連続で無断欠勤を不審に思った上司が、発見して病院へ担ぎ込んで発覚したらしい。2日も倒れてたせいかかなり衰弱していたみたいで、母が来るまでの土日の間ずっと上司が付き添ってくれて、声を掛け続けていてくれていたそうだ。

ずっと出勤していたと思っていたのは全部明晰夢で、土曜日ずっと怒られていたのは、上司がずっと声をかけ続けてくれてたからだってのを理解して涙が出た。

その後復職したものの、落ちる感覚無しに勝手に明晰夢が見れるようになってしまい夢と現実の区別がつきにくくなってしまったことと、夢の中とはいえ恩人の上司を殺してしまった自分が猛烈に許せなかったことから、重度なうつ病を発症し、入院するレベルになってつい最近まで入っていた。

だいぶ長くなったが怖い話っていうのは、今までは夢の中のことと思って気にしてなかったんだが、ふと思って調べてみたら、本当にあったんだよ泉ヶ森神社って。

私はここはもちろん茨城県にも足を踏み入れたことがないのに、なぜここに辿り着いたのかわからないが、写真をみると本当にそっくりだった。

だが、私が降りたイズミガモリ駅っていうのは無くて、最寄り駅は大甕駅っていう歩くと結構遠いところだった。

今度行ってみたい気持ちもあるが、行ったら頭がどうにかなりそうな気もしてて、あまりにも怖すぎて行く勇気はない。

でも泉ヶ森神社についてなにか情報もってる地元民がいたら教えてくれると嬉しい。

私が思うに、あのまま電車に乗ったままだったり、神社に辿り着けてなかったら死んでたのでは無いかとおもってる。

とりあえずお前らに忠告しておくと、明晰夢だけはマジでやめておけ。

Posted by takahashi