【怖い話】シューベルトを見るとあの恐怖がよみがえってくる話

小学校3年生の時に、実際に体験した奇妙な話を書く。

今から40年ほど前、当時自分は〇媛県の某市に住んでいた。

自分が通っていた小学校は、第二次ベビーブームの影響もあり、生徒数がかなり多かった。1クラス40人近い生徒がいて、一学年で8クラスもあるような規模だった。

そのため、3階建ての鉄筋コンクリートの校舎が3つ立ち並び、さらに木造2階建ての建物もあった。

校舎は東西の方角に対して平行に並んでおり、各校舎は渡り廊下で全てつながっている状態だった。

問題が起こったのは、南から2番目の校舎の3階にある音楽室だ。この教室は一番東側に位置していたため、必然的に東側が壁になる。そしてその壁には、古今東西の有名な作曲家達(バッハやベートーベンなど)の肖像画がずらりと飾られていた。B4サイズくらいの大きさの画用紙に、水彩画チックに描かれた絵が縦長になる形で貼られていた。最低でも縦に2列、横に15枚以上は並んでいたと記憶している。

自分は霊感など皆無に近い体質なのだが、音楽室に入るたび、何か得体の知れない雰囲気を感じていた。

例えば理科室や保健室のような、何かの薬品のにおいがかすかに漂っているといった違和感ではない。

とにかく教室内の空気が重く、背後から誰かに見られているような気がするのだ。

晴れの日でカーテンを開け、さらに教室の電気をつけているにもかかわらず、なぜか教室が暗く感じるほどだった。

最初は単なる気のせいかと思っていたが、音楽の授業のたびに同じ感覚に襲われた。

少し怖くなり、クラスメイトや他のクラスにいる友人に話したところ、自分と同じように感じている人が何人かいた。

「やっぱり気のせいじゃないんだ」と思ったので、音楽を担当していた若い女の先生にこのことを伝えた。

しかし「そんなの気のせいだよ」と一笑に付されてしまう。それでも数人と一緒に何回か訴えたが、全然聞く耳を持ってくれないため、自分はだんだんと音楽が嫌いになっていった。

しかも授業は1時間目だったので、朝からかなり憂鬱な気分になったのは言うまでもない。

気味が悪いながらも特に何事もなく時は経ち、いつの間にか季節は秋になった。

ある日、授業のためにいつもの音楽室へ入った。

授業開始までにまだ時間があったせいか、教室にはまだ数名しか来ていなかった。

自分は南側の窓際に近い前の方の席だったので、いつも黒板の前を通っていた。

すると、教室の後ろの方で、数人の女子が何やら騒いでいる。

声の方に振り返ると、彼女達は地面を指差しながら、何やら怯えているように見えた。

一体何事かと思い、道具を自分の席に置いたあと、急ぎ足でその現場を見に行った。

床の上には、白っぽい色をした小さい芋虫のようなものが1つ転がっていた
他にも赤い液体が見えた。

「何だこれ?」と思い、芋虫なるものに目を凝らすと、一瞬人間の指のような気がした。

思わず声を上げそうになるも、「こんなところに指が落ちているはずがない」と思い、もう一度よく観察した。

しかし、どこからどう見ても人間の指だった。

長さが短かくて細く、色白だったので「きっと女性の小指に違いない」と思った。

左右どちらの手のものかわからないが、ちゃんと爪も確認した。断面部分の中央に白いものが見えていたので「あれは骨なんだ」と思った。

現実離れしたものが目の前に転がっているせいか、なぜか恐怖というものは感じなかった。それよりも「なぜこんなものがここにあるのだろう」という考えでいっぱいだった。

音楽の授業は1時間目だから、それよりも早く誰かがこの教室に来て置いていったのか?実は本物の指じゃなくて、よく似たにせもの?いたずらだとしても、何の理由でこんなことを?

考えたところで答えが出るはずもなく、全く訳が分からないまま、少しの間茫然としていた。

そして、ふと赤い液体に目が行った。切断された小指が落ちているとすれば「きっとあの赤い液体は血なんだ」と思った。少し前に付着したような感じで、本当に赤い血の色をしていた。

よく見ると、赤い液体は指の周りに落ちているのではなく、引きずったような跡が残っていた。

何か嫌な予感がしながらも、ゆっくりと目で跡を辿っていく。教室の壁に到達した赤い跡はそこで途切れることなく、壁をしたたるような感じで垂直方向にも続いていた。

幼心に「この先は見てはいけない」と直感的に思ったが、体は意に反してその跡を目で追ってしまった。壁に残された赤い跡の終着点は、なんと壁に貼られた肖像画だった。一番上の列の左から3番目に飾られた、シューベルトの絵。その口から赤い液体が垂れていた。

それを見た途端、とうとう「うわっ」と声を上げ、数歩後ずさりした。

その肖像画が貼られていた場所は結構高く、大人でも脚立や机などに乗らないと届かない位置に貼っていた。

まだ3年生で身長の低い自分達では、思い切りジャンプしたところで届くことすら不可能なのだ。

つまり、あの小指なるものは、シューベルトの口から跡を残しながら垂直に壁を伝い、床まで這って(?)きたことになる。

自分の様子や肖像画に気づいたクラスメイト数人が、大急ぎで音楽の先生のところへ向かった。

彼らは先生の手を引っ張りながら、すぐに教室まで戻ってきた。

現場を見た先生は言葉を失い、あわてて教室を飛び出してどこかへ行ってしまった。

当然授業どころではなくなり、その日の授業は中止になった。

その日は何やら学校全体が慌ただしい気がしたが、もしかしたら警察とかが来ていたのかもしれない。

事件の翌日、こっそり音楽室を見に行ったら、肖像画は全て外されていた
当然、床に落ちていた指らしきものや赤い液体は、跡形もなくきれいに片づけられていた。

音楽の先生に「何で絵外したの?」と何度尋ねても、なぜか理由は教えてくれなかった。さらには「あの出来事をあまり口にしないように」とまで言われた。

子供ながらに納得は行かなかったが、それ以来、音楽室での奇妙な雰囲気が消えたように感じた。

4年生以降、別の音楽室での授業になったため、あの音楽室を使うことなく卒業した。

今でもシューベルトを見ると、あの恐怖がよみがえってくる。

Posted by takahashi