【怖い話】白いワンピース姿の高身長な女

今から約10年前の自分が小学生の時の話です。

帰り道に幼稚園があって、その幼稚園に自分も通っていたのですが、その幼稚園の近くにどでかいプール施設?というか温室プールと言うのでしょうか、プールの建物があり、そこに繋がる細道が当時はありました。

経路的には 、幼稚園→プール施設への細道→家みたいな感じで必ずそこを通っていたのですが、小学生の自分は「懐かしいなー皆で歩いてプール行ったなー」といつも歩いているのに何故かその道が気になってふと細道を見ると、

めちゃくちゃボサボサに生えた草の中に白いワンピース、ロングの髪の毛、麦わら帽子?(よく覚えてないのですが何かを被っていました)の女の人が何かを探していました。

その女の人がこちらを向きそうだったので、「逃げなきゃ!!」と思い、猛ダッシュで家まで走って帰りました。

すぐに家に帰り鍵を閉めて、両親が帰ってくるのをずっと待っていました。

その後、特に何も無かったのですが、その女性が小学生では大きめな140cm以上あった(背の順でも後ろの方でした)自分より遥かに大きく異常な雰囲気を漂わせていた女に、怖がりな自分には大きなトラウマとなりました。

次の日学校へ行く途中、道を挟んでその細道が見えるのですが、チラッとその場所を見ると、昨日は草がボサボサに生えていたのにその道はコンクリートでした。

当時の私はそう言えばここはコンクリートの道だったと、その時思い出し鳥肌が止まりませんでした。

あの時何故コンクリートの道が草がボサボサと生えた道になっていたのか、高身長の女は何を探していたのか。大人になった今でも分からないままです。

Posted by takahashi