【怖い話】遊泳禁止の理由

三重県津市の海岸には、海の守りの女神の像が立っている。

昭和30年7月28日、ここで地元の中学の女子生徒が水泳の授業を行っていた。

ここは遠浅で波も穏やかで、 生徒達は海岸から50mほどのところを泳いでいた。

その授業風景が突然一変した。

泳いでいた生徒達が次々と海中に姿を消し、結果36名が死亡、生存者は9名のみという大惨事になってしまったのだ。

その事故で生き残った一人、弘子さんによると、当時いっしょに泳いでいた同級生が「弘子ちゃん、あれ!あれ!!」としがみついてきたので、2,30メートル沖を見るとその辺で泳いでいた同級生が次々と波間に姿を消していくところだった。

そこで弘子さんは水面をひたひたとゆすりながら、黒いかたまりが、こちらに向かって泳いでくるのを見た。

それはぐっしょり水を吸い込んだ防空頭巾をかぶり、もんぺをはいた何十人もの女の姿だった。

弘子さんは必死に逃げようとしたが足をつかまれ、ものすごい力でひっぱられた。

弘子さんは為すすべもなく水中に引きこまれていったが、薄れゆく意識の中で足にまとわりついて離れない防空頭巾をかぶった無表情な白い顔を、はっきり見続けていたという。

この日は天候も良く、遠浅のこの海岸では子供でも底に足がつくはずだった。

弘子さんは助け上げられはしたが、肺炎を併発し二十日間も入院し、「亡霊が来る、亡霊が来る」と、よくうわごとを言っていたという。

その後の調べによると、この海岸には、事件の起こったちょうど十年前の同じ7月28日に米軍大編隊の焼打ちで市民250余人が亡くなっており、その際火葬しきれない遺体はこの海岸に穴を掘って埋めたという悲しい過去があったことがわかった。

この海辺は現在は遊泳禁止になっている。

Posted by takahashi