【怖い話】おにぎり食べたい

キャバクラのマイちゃんに聞いた話。

一泊のスキー旅行から帰ったマイちゃんは、すぐ家に帰らず行き付けの
クラブに行ったらしいです。

そこで出会った若い男の子と会話が弾み、友達になりました。

その男の子は、田舎から出てきたばかりで今夜泊まる所がない、
と言います。

マイちゃんには彼氏がいましたが、エッチな事はなしよ、という約束で
一人暮らしの部屋に泊めてあげる事にしました。

マイちゃんはいつも寝ているベッドで寝て、男の子には時々泊まりに来る
マイちゃんのお母さんが使う布団を床の上に敷いてあげました。

二人で少し話して、電気を消して寝ようとした時、男の子がおかしな事を
言い出しました。「おにぎり食べたい。おにぎり食べたい」

ご飯なんかないと言いましたが、ひどく真剣な顔で「おにぎりを食べたい」
と言い続けます。

「マンションの一階にあるコンビニに行こう。一緒に行こう」

マイちゃんは、その男の子が何だか気持ち悪くなっていたのですが、強引に部屋の外に連れ出されてしまいました。

ドアの外に出るとすぐに男の子が、更に奇妙な事を言い出しました。

「警察に行こう。ベッドの下に斧を持った男がいる」

警官二人を連れて、マイちゃんと男の子が部屋に戻ると、やはりベッドの下に斧を持った男がいました。

同じマンションに住んでいる人で、何かの妄想に取り付かれて「殺そう」と思って忍び込んでいたらしいです・・・・

Posted by takahashi